葬式 マナーについて

banner

お葬式の際のマナーについて

親しい人が亡くなったという連絡を受けると、大きなショックを受けるのが普通です。
故人だけでなく、ご遺族とも面識があるような場合であれば、すぐにでも電話をかけてお悔やみの気持ちを伝えたくなってしまうのが人情です。
しかし、故人の死で一番大きなショックを受けているのはご遺族で。
また、そのショックを押してお葬式の手配等をしなくてはならない状態に陥っていますので、自分の気持ちを優先してお悔やみの電話をかけたりするのは、大きなマナー違反です。
どうしても早くお悔やみの気持ちを伝えたいと考えているのであれば、電報を打つべきです。
また、お葬式に参列して直接お悔やみの言葉を伝えるという方法が、正しいマナーです。
お葬式の場合は、ご遺族になるべく負担をかけない心配りが必要になります。

none

関連ページ一覧

banner
お葬式に参列した際に、ご遺族から故人との対面を勧められた場合には、謹んでお受けするのがマナーです。<

お葬式で故人と対面する場合には

banner
仏式のお葬式のお通夜では、通夜ぶるまいがなされるのが一般的になっています。
弔問に訪れた際に、

弔問客は早く引き上げる配慮が必要です

banner
お葬式には、故人の冥福を祈る気持ちとご遺族に対するお悔やみの気持ちを持って参列する必要があります。<

葬式に参列した際のマナーについて

Copyright(c) 葬式 マナー All Rights Reserved.